© 2021 Center for Infectious Diseases, Nara Medical University

教育研究支援のための寄附金(奨学寄附金)のお願い

感染症センターへの奨学寄付のご案内 感染症センターへの奨学寄付のご案内

奈良県立医科大学感染症センターはSARS(重症急性呼吸器症候群)が香港を中心に流行した2003年に設立されました。以来、20人以上の感染症専門医を輩出し、奈良県を中心として感染症の診療、予防、研究、教育を行って参りました。現在も8人の医師が感染症専門医を目指してトレーニングを受けています。

医師の育成、なかでも医学研究においては様々な研究費によってその費用がまかなわれていますが、これらの資金は種々の財政事情を反映して年々縮小される傾向にあり、厳しさを増しています。また特に最近では当科が全ての新型コロナウイルス感染症患者の受け入れ窓口を担っており、研究費獲得のための時間が確保できなくなっています。

そこで感染症センターでは当科の教職員や大学院生の教育研究活動支援策として、教育研究支援のための寄附金(奨学寄附金)を募ることにいたしました。お受けした寄附金は、本学の奨学寄附金のルールに従い、当科の医師育成の充実、ひいては感染症診療の充実を通じて国民の皆様の健康増進につながりますよう有効に活用させていただきます。

感染症センターへの寄附をご検討いただける場合は、下記の「寄附申出書(Word形式)」をダウンロードしていただき、必要事項をご記載のうえ、本学研究推進課産学連携推進係にご郵送ください。お問い合わせにつきましては下記の「お問い合わせはこちら」ボタンからお問い合わせいただくか、代表0744-22-3051にお電話いただき、「感染症センター医局」におつなぎいただくようお願いいたします。

GREETING

センター長ご挨拶

詳細はこちら

STAFF

スタッフ紹介

詳細はこちら