© 2021 Center for Infectious Diseases, Nara Medical University

教授ご挨拶

初代センター長である三笠桂一先生の後任として、2019年7月1日からセンター長を務めさせていただいております。

当センターは2002年~2003年に香港を中心に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)をきっかけに設立されました。以来、約20年間に渡り、40人以上の医局員を受け入れ、主に奈良県の感染症診療の発展に努めてきました。

私たちの業務は細菌やウイルス、真菌や寄生虫など様々な病原体を原因とする感染症の予防と治療を主とし、診療、教育、研究と多岐にわたります。

センターの理念としては、「人々が健康に暮らせるよう、最善の感染症診療と感染防止を提供する」こと、そして「そのために優れた感染症専門医を1人でも多く育成し、全国の感染症専門医育成機関のロールモデルとなる」ことを掲げています。

私自身もまだ若輩者ですし、感染症センター自体もまだ20年弱の歴史しかない若い組織ですが、上記の理念を胸に、センター一丸となって頑張って参りますので、よろしくお願い申し上げます。

教授

笠原 敬

RECRUIT

医師を募集しています

募集要項

STAFF

スタッフ紹介

詳細はこちら